住宅展示場のことならモデルハウスNAVI


写真など情報

ミサワホーム東関東 船橋総合住宅展示場・CENTURY 蔵のある家

デザイナーの設計による2世帯、3階建ての『蔵のある家』です。

 建物タイプ
   木質系 3階建て(1階に蔵収納)

 建物の特徴
   二世帯住宅
   デザイナーズ住宅
   ペット共生住宅
   「蔵」付住宅
   MISAWAギャラリー

 奥さまのオススメポイント
   料理が楽しくなるアイランド型キッチン
   すっきり片付く大収納空間「蔵」
   子育てによいセンターリビング設計



モデルハウスのデータ

物件概要

このページを印刷

アクセス情報

現在位置の住所

※最大拡大した場合、近似値表示の為ピンの立つ建物にずれが生じる事がございます。


住所
船橋市夏見1−3
TEL
047-424-5384
アクセス
●電車をご利用の場合● 最寄り駅「船橋駅」より徒歩8分
定休日

携帯で地図を見る

会社情報

会社名
ミサワホーム東関東株式会社
所在地
〔本社〕 千葉県千葉市稲毛区園生町388番地13
TEL
043-309-3111(代表)
FAX
 
沿革
■ (旧)株式会社千葉ミサワホーム
昭和43年 9月
  株式会社千葉ミサワホームを設立
平成 4年 3月
  施工力強化の為、株式会社千葉ミサワ建設を設立(出資30百万円)
平成 8年 2月
  本社を現在の千葉市中央区問屋町1番35号に移転
平成 9年 4月
  支店制(本店、船橋、柏、木更津)を導入し、建設部門を各支店に配置

■ (旧)株式会社ミサワホーム茨城
昭和51年 6月
  株式会社ミサワホーム茨城を設立
平成 4年 3月
  本社を水戸市城南2-6-7(現 水戸支店)に移転
平成 7年 4月
  本・支店・営業所体制へ改編
平成14年12月
  リフォーム事業拡大の為、ミサワホームイング茨城株式会社を設立

■ ミサワホーム東関東株式会社
平成15年10月
  株式会社千葉ミサワホームと株式会社ミサワホーム茨城が合併し
  ミサワホーム東関東株式会社となる
  合併により7支店(千葉・船橋・柏・木更津・水戸・つくば・日立)
  2事業部(ホームイング、特建)体制となる
平成16年 5月
  リフォーム事業拡大のため、ミサワホームイング東京株式会社の
  千葉エリア5店舗を営業譲渡により編入
平成16年10月
  ミサワホームイング茨城株式会社を統合し、エリア全体の
  リフォーム事業の強化を図る
平成17年 4月
  つくばエクスプレス開通による市場拡大に対応するため、
  つくば支店に守谷営業所を新設
平成21年 6月
  本社を千葉県千葉市稲毛区園生町388番地13に移転
平成22年 4月
  リフォーム事業をミサワホームイング株式会社に分割
資本金
1億円
代表者
代表取締役  出山 秀男
取引銀行
 
従業員数
391名(2012年10月現在)
施工可能エリア
 
免許
■ 建設業許可 ■ 国土交通大臣許可(特-20)第20335号
■ 宅建業免許 ■ 国土交通大臣許可(2)6496号

事例

 
POINT01   3階5層建のスキップフロア

3階5層のスキップフロア写真   「1階の蔵」を設けることにより、0.5階ずつフロアが上がっていく、3階5層建のスキップフロアにより、敷地を有効活用できるよう「タテ」の広がりと奥行きをデザインし、それぞれのフロアがほどよくつながっているため、家族の気配を身近に感じられ、ふれあいを深められます  

 

POINT02   ECO微気候デザイン

ECO微気候デザイン写真   日本の四季を快適に暮らす伝統的な「先人の知恵」と現代の「先進の技術・デザイン」を融合した「ECO・微気候デザイン」。

光 風 緑を上手にコントロールすることで、自然の恵みを生かした「天然エアコン」になり、南極でも実証されている高気密・高断熱住宅により、夏涼しく、冬暖かい住まいを実現します。
 

  

POINT03   KURA

KURA写真   ふだん使うモノは各部屋の収納にしまい、季節のモノやとっておきたいモノなどは大収納空間「蔵」にしまいませんか。

高さ約1.2m〜1.4mで、広さは最大で延べ床面積の1/2 まで確保できるため、まるごとしまえて部屋はすっきり広びろ。床面積にも算入されず、収納の悩みを全て解決します。天井高が約3.5m取れるためのびのびと暮らせます。
 

  

POINT04   パーティーキッチン

パーティーキッチン   家の中心にキッチンを取り、家族の暮らしのリーダー・奥さまを中心に考えてフロアを見渡せるアイランド型のオープン設計としました。

家族やゲストと一緒に料理や食事を楽しんだり、「1階の蔵」にリビングのソファーやテーブルをしまうことにより、大勢でのホームパーティーやお料理教室の利用など暮らしが広がります。
 

 このモデルハウスのオフィシャルサイトへ

 


ミサワホームの構造

南極昭和基地の建物の多くは
ミサワホ−ム

 

強固な一体構造の「モノコック構造」



 

 



 

南極昭和基地で私たちがお手伝いした建物は、延べ約5,000m2・34棟にもなります。また、南極の厳しい条件にさらされた建物を30年経ってから日本に持ち帰り、調査をした結果、その強度、耐熱性、耐久性は問題なく、さらなる使用にも耐えうることが確認されています。

 

ミサワホームの「木質パネル接着工法」は、工場で均一生産されたパネル同士を、高分子接着剤とスクリュー釘で”面接合”する工法。外力が接合部などに集中しにくい構造となっています。強固な箱形を構成する「モノコック構造」となるため、台風や地震などの外力をしっかり受け止め、建物全体に分散する事ができます。

   

ミサワホームは先進の工業化住宅。木質パネルは強度のすぐれた耐力壁です。

  家の建築材に最も適した素材。


木質パネルは強度のすぐれた耐力壁です
 

 
家の建築材に最も適した素材
 
 

木はあらゆる力に強く、比重も軽く、自重が負担になりません。しかも、高断熱で熱に強く、建築材として理想的な素材です。


家の強さをはかる目安に、耐力壁の強度があります。耐力壁の強度は、国土交通省が認定する「壁倍率」を比較すると分かります。(*1)幅1m当り約130kgNの水平荷重に対して弾性的に変形すれば、壁倍率1倍です。一般在来木造は壁倍率3倍。ツーバイフォーは5倍。ミサワホームの木質パネルについて同様の計算をすると、実に「壁倍率8,5〜11倍」(*2)に相当する事が確認されました。変形量も一般在来木造の約1/4.5、ツーバイフォーの約1/3.5ととても頑丈です。

 

 

高気密の空間を実現する、
木質パネル接着工法。

 

ミサワホームは、独自の木質パネル接着工法により、優れた断熱性を実現しています。木質パネル同士を高分子接着材で面接合することなどにより、魔法瓶のように安定した高断熱・高気密構造の住まいをお届けします。 

高気密の空間を実現する、木質パネル接着工法。

 

1m2すき間比較では、ミサワホームは一般在来木造住宅の約1/3〜1/7というすぐれた気密性が確認されました。
※国土交通大臣認定取得

過去の大地震において、
全壊・半壊ゼロ。

 

住宅業界初の「無公害防蟻工法」。


大震災で全壊・半壊ゼロ
 

 


シロアリ対策
 

甚大な被害をもたらした阪神・淡路大震災でも全壊・半壊ゼロ。また、数々の実大振動実験により、その強さを実証しています。

 

工場の生産段階で、床パネル下部に防蟻シートを貼る「無公害防蟻工法」を採用。薬剤を散布する方法と違い、土壌汚染の心配がなく、効果も持続します。

 

 

ブログ・イベント情報

イベント情報

  船橋エリアの情報は コチラ から

         船橋支店ブログ

 


    < 千葉・茨城エリア全域の情報 >

いい家いい街日記ブログ イベント情報
千葉県分譲情報
茨城県分譲情報

 


お問い合わせ

個人情報保護方針

弊社の個人情報保護方針に同意される場合はチェックボックスをクリックしてください。個人情報保護方針はこちら
* 必須項目

お問い合わせ内容

お名前:*
メールアドレス:*
お問い合わせ内容:*

画像認証

不正な登録を防ぐため認証を行います。
左の画像に表示されている少し見えにくい文字を半角で入力してください。
画像認証別の画像で読み込む直す
 

※表示されている文字列を入力してください


このページを印刷

TOP